3/20/2017

2017年3月20日中学スキルアップセミナーin神戸

神戸で中学スキルアップセミナーが兵庫県民会館パステルホールで行われました。
講師は、井上好文先生と長谷川博之先生です。

第一講座では、黄金の3日間に関するレポートが発表されました。
これから黄金の三日間に向けて準備をする先生にとって、すぐに実践できる内容を聞くことができました。
講師の方の介入では、黄金の三日間ノートの作り方初日に行う具体的な手立てについてお話を聞くことができました。この時点で、来年度の黄金の三日間で、具体的な手立てを考えるきっかけをつかめた方が多くいたのではないかと思います。

第二講座では、長谷川先生の授業開きについて聞くことができました。
「長谷川20代4月の実践、ほんの一部」と題した資料には、4月3日からの長谷川先生の実践が紹介されていました。提出物の語りなど、資料一枚一枚にとっても価値のある内容に驚きました。

第三講座では、授業技量検定が行われました。参加された先生方が準備されてきた授業から、日々、授業力を向上させたいという気持ちが伝わってきました。

第四講座では、井上先生がアクティブラーニングについて、実演を交えて解説していただきました。実際に、井上先生の教室で行われた算数の実践を見せていただくことで、アクティブラーニングの授業の具体的なイメージをつかむことができる内容でした。

第五講座は、一人1、2分の模擬授業道場です。たくさんの先生方がその場で立候補して、授業をしました。第三講座に引き続き、授業者の方たちの挑戦しようという熱を感じることができました。

第六講座は、長谷川先生の最新模擬授業です。日本の外交をテーマに授業をされました。前回の夢現塾に引き続き、参加者の方たちから驚きの声が多数聞かれました。物販のコーナーで、何人もの方が、「さっき長谷川先生がやった授業のサイトは売っていないのですか。」と聞かれるほど、参加した方たちの関心が高かったです。

第7講座は、長谷川先生の社会貢献活動のお話では、いじめを科学的に分析して救う子どもみんなプロジェクトやサークル活動についてお話がありました。社会貢献活動を行いながら、日々、サークルで腕を磨くことで、自分を変える。教師が変われば子どもも変わる。長谷川先生の熱いメッセージに、たくさんの参加者の方が熱をもらってのではないかと思います。

第8講座では、井上先生の授業で行う特別支援対応術で、1年生の児童に百玉そろばんで算数の授業をされている映像を見せていただきました。全員を巻き込みながら教わる子どもたちの姿を見て、楽しみながら授業規律を教えていくとはこのようなことなのかと知ることができました。

第9講座では、長谷川先生の授業開きの映像を見ながら、具体的な解説をしていただきました。瞬時に子どもを見取り、活躍させるには、放課後の孤独な作業が大切であることを教えていただきました。

本日も盛りだくさんの内容で、たくさんの参加者が、講師の方たちに熱をもらうことができました。年度末に、子どもたちとどのようなお別れをしようかと考えている先生も、来年度に向けて準備を始めようとする先生も、気力を充電して明日から勤務できるのではないかと思いました。

3/12/2017

2017年3月12日第7回夢現塾改


大宮で夢現塾が行われ、長谷川先生が登壇されました。
長谷川先生のお話をディープに聞くことができる夢現塾。
遠方からもたくさんの先生方が参加されました。

公募模擬授業と公募論文発表では、7名の先生が立候補し挑戦されました。
社会や理科など、様々な内容で発表されました。
長谷川先生は、「以前と比べて力がついている。」と、励ましのコメントをされていました。一人一人の先生の前回の授業を覚えていて、それと比較してコメントされているのを聞いて、挑戦して力をつけようとする先生方を大切にしようという気持ちが伝わってきました。

長谷川先生の最新実践も公開されました。
先日、長谷川先生が検定された「外交」の授業です。サイトの1枚1枚から、膨大な資料の蓄積が感じられました。
参加された先生方からは、「感動しました。」「知らないことだらけでした。」「もっと勉強します。」という声が聞こえました。テレビや新聞のニュースだけ見ていたのでは、決して知ることのできない内容でした。報道されることだけが真実ではなく、自分自身の目で見て、正しい情報の取捨選択をすることの大切さなど、知識だけではなくたくさんのことを学ばせていただきました。

休憩中に、次回の開催が決定しました。
次の無現塾でも、長谷川先生のお話が聞けることが、今から楽しみでなりません。

2/27/2017

2017年2月25日子どもたちの未来を創るシンポジウム

大阪で行われたシンポジウムに、長谷川先生が登壇されました。
題して、子どもみんなプロジェクトです。

子どもみんなプロジェクトは、文部科学省の委託事業です。
不登校やいじめなど、子どもの問題を、心の発達の視点から解決する、子どもと先生を支えるプロジェクトです。

プロジェクトは、学校現場と研究者の協働で行われます。
シンポジストには、大学教授や教育委員会の指導主事の方々がいました。それぞれの立場から、子どものいじめや脳の発達の問題について取り上げ、その解決策を科学的なアプローチでできることをお話されていました。
その中で、長谷川先生は、学校現場の代表として、現場の声を届けていました。
 学級指導が困難になってしまったある教室の子どもたちを担任した先生が、子どもを変えるために自分自身を変え、子どもたちを変えていくお話です。
映像と長谷川先生の語りから、現場の子どもたちを変えるのは、教師自身であること。教師の変容こそが、子どもの変容につながることを参加者の方たちに語っていました。
 
講演が終わると、長谷川先生の元へたくさんの参加者がお話に行っていました。その様子から、長谷川先生の講演が、聞いていたたくさんの方たちの心に深く響いたことが伝わってきました。

2/26/2017

2017年2月26日 スキルアップセミナー

みなさま、こんにちは。
埼玉教育技術研究所です。
本日は、長谷川先生と井戸先生の授業スキルアップセミナーが、埼玉で行われました。
今回は、授業に特化したセミナーでした。
1分間の模擬授業では、会場にいるたくさんの方が立候補し、参画されました。
間を空けずに、どんどん授業が進んでいく雰囲気がすごかったです。

 
長谷川先生の道徳授業では、参加者の方々が何度もうなずいて聞いている様子が見られました。また、井戸先生のテンポの良い授業は、会場全体の参加者を巻き込んでいました。授業に立候補できなかった人も、笑顔があふれ、会場全体が明るい雰囲気につつまれていました。


本日の授業に特化したセミナーを聞いて、明日の授業で実践してみたい気持ちがわいてきました。

2/19/2017

2017年2月19日長野セミナー

みなさま、こんにちは。
埼玉教育技術研究所です。

本日は、長野市生涯学習センターで、午前と午後の2つの講座が行われました。
午前は「明日から子どもとの関わりが楽しみになる生徒指導の不安解消講座」、
午後は「長谷川博之×小嶋悠紀 生徒指導 応用編」が行われました。

 長谷川先生は、混沌・緊張期からはじまる学級の成長段階をさらに詳しく説明してくださいました。
中1、中2、中3と、学年ごとに、生徒とどのようなかかわりをしていったらよいのかを、実演を交えて語ってくれました。さらに、反抗されたらどうするのか。反抗にも種類があり、目の前の子がどのタイプになるのかを見極めて指導する必要があることも教えていただきました。

小嶋先生は、自尊感情についてもう一度学ぶ機会を与えてくれました。自尊感情について、知っているつもりになっていましたが、自尊感情の定義は何か、そもそも自尊感情はなぜ必要なのかを問われると、上手く説明することができませんでした。そのような疑問をエビデンス付の解説で、わかりやすく教えてくれました。さらに、支援の方法まで、一つ一つ具体例を挙げて説明してくれました。

小松先生は、AIと道徳の授業実践を見せてくれました。AIの授業は、機械が自分で学習をしていくディープラーニングについて学ばせていただきました。道徳の授業は、WBCのイチロー選手を題材に小さな努力を積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道であることなど、イチロー選手の生き方に学ばせていただきました。

午前中の講座のテーマにもあった、「明日から子どもとの関わりが楽しみになる」のとおり、明日、学校で子どもたちに会うことが楽しみになる講座でした。

2/04/2017

2017年2月4日第2回長谷川セミナーin神奈川

みなさま、こんにちは。
埼玉教育技術研究所です。

本日は、横浜医科学センターでTOSS若大将主催の長谷川先生のセミナーが行われました。
まずは、長谷川先生が子役となって、特別支援対応力アップ模擬授業で、3名の先生が立候補されました。「何これ。」とか「意味がわからん。」という子を注意するのではなく、まずは取り組もうとしていることを褒めることも大切だということに気づかされました。

次に行われた講座では、長谷川先生が実際にあった生徒対応の「肯定的フィードバック」を教えていただきました。正論だから子どもが聞くのではなく、認めてあげられるところを探したり、日頃の関係性をつくることの大切さを学びました。

さらに、長谷川先生の一日、長谷川先生の授業、長谷川先生の読書法など、次々と貴重なお話を聞かせていただくことができました。

懇親会では、「長谷川先生に会えてよかった。」、「長谷川先生のお話を聞いて元気になった。」という声がたくさん聞こえました。来年度も神奈川で長谷川セミナーが行われることが決まりました。今から楽しみでなりません。

1/29/2017

2017年1月29日 中高東京セミナー 代表理事登壇

皆様

埼玉教育技術研究所です。

こんにちは!

本日は、中学校、高校で頑張っている先生方が集まる「中高東京セミナー」が東京で開催され、
代表理事が講師として登壇しました。

講座では、「向山型とは何か」、ということを
一つ一つ具体例を示しながら、長谷川代表を初め、講師の先生方がお話くださいました。

講座一つ一つの時間に毎回、深い学びがありました。

何のためにその内容を学ぶのか。
授業の技量と、そのバックボーンの大切さ。
熱を持って、子どもの事実を持って主張していくことなど、
納得納得の講座ばかりでした。

中高教師も、中高教師だからこそ、学ばなければならない。

そう思いを新たにできた一日でした。

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!!