2/18/2018

2018年2月18日 第11回長谷川博之夢現塾改in大宮

みんさま、
こんにちは。
埼玉教育技術研究所です。

本日は、「ロジックに強くなれ!教師アタマをどう鍛えるか」を
テーマに夢現塾が開催されました。

事務局が出すお題にその場で対応する講座では、
子どもがあげると予想されるアドバルーンに瞬時に対応すべく、
参加者のみなさんの脳がフル回転でした。

子どもを指名したら、「は?」と言われたらどうするか。
「教室に入りなさい」と言ったら、体半分だけ入れて、
「入っています」と子どもが答えてきたらどうするか。

みなさんでしたら、
このような子どもにどのように対応するでしょうか。

長谷川先生の対応は、
どれも筋が通っていて、
子どもにもわかりやすいものでした。

長谷川先生の対応を一言も聞き逃すまいと、
たくさんのメモをとる先生方が
印象的でした。

私も参加者の皆さんの対応と長谷川先生の対応から学び、
対応の引出しを増やすことができました。

次回も参加者のみなさまと、
どのようなテーマで学べるのか。
今から楽しみです。

2/11/2018

2018年2月11日 第3回ALL長谷川セミナーin山形


みなさま、

こんばんは。

 

埼玉教育技術研究所です。

 

今回は、東北山形県まで遠征してのセミナーに、

長谷川先生が登壇されました。

 

長谷川先生の実践で、

子どもがどのように変わっていったのか。

映像資料をもとに解説されました。


 
出逢い日と2学期の学級の様子を見れば、

生徒の変容は一目瞭然でした。

 

出逢いの日に、長谷川先生が話してつっぷした子が、

長谷川先生の方を見て真剣に話を聞くようになった姿を見て、

教師が適切な支援をしていけば、

子どもはここまで変わるのだという事実に、

子どもの成長の可能性を感じたのは、
 
きっと私だけではなかったと思います。

 

さらに、道徳模擬授業道場では、

参加者が作ってきた授業に、

長谷川先生はその場で次々と代案を出されていました。

道徳の授業作りで大切なのは、

時系列に整理した内容を伝えるだけではなく、

子どもが考えるように組み立てることが大切だと

教えていただきました。

 

特別支援の講座では、支援の仕方について

子どもの人的環境をもとに
 
話していただきました。

その中でも、特に印象的だったのが、

児童、生徒が教師との関係性を感じさせることが

大切だということです。

まだまだ知らないことだらけで、

学びなおさなければならないと感じました。

 

教師が学んだ分だけ、児童、生徒が伸びることを信じて、
 
参加した先生方と、今後も学びを深めていきたいと思いました。

2/10/2018

2018年2月10日 中高向山型国語初心者講座

みなさま、
こんにちは。

埼玉教育技術研究所です。

東京神田で、中高向山型国語初心者講座が開催されました。

講師の先生は、長谷川博之先生です。

講座のテーマは、「教科書教材で子供を熱中させる国語授業のイロハ」でした。

 
テーマにあるように、教科書教材をもとに多くの先生方が模擬授業をされて、長谷川先生が次々と代案を示していきました。

長谷川先生は、授業をされた先生方へ時間の許す限りコメントをされていました。



コメントの内容は授業者だけでなく、授業を聞いている他の参加者が日々の実践で活かせるように話をされていました。

どれもとても興味深い内容でしたが、

あえて1つあげるとするならば、

「音読をなぜするのか」

です。

私は、子どもが説明文や物語文を理解させるためくらいしか

考えていませんでしたが、

長谷川先生のねらいは深いものでした。

子どもに力をつけるために、

子どもにさせる一つ一つの活動に

意味がある。

だから趣意説明が明確で、

子どもたちも納得して学習に取り組む。

その結果、子どもが伸びるのだなと思いました。



講座終盤には、

なんと向山洋一先生が、

サプライズで登壇されました。

懇親会場でも、

向山先生の話を聞くことができ、

参加者の方々も大盛り上がりでした。

2/03/2018

2018年2月3日 第3回長谷川博之セミナーin神奈川

みなさま、

こんにちは。

埼玉教育技術研究所です。


本日、神奈川で長谷川先生がセミナーに登壇されました。

講座は、授業はもちろん、特別支援や部活、行事など、

様々な視点から長谷川先生の実践を聞くことができました。

特別支援では、

具体的な生徒の事例から

エビデンスにもとづいた解決策を教えていただけました。

会場に集まった参加者の方々から、

失敗させない工夫や何度でも子どもを励ますことの大切さについて、

うなずきながらたくさんのメモをとる姿が見られました。


部活動は、実際に長谷川先生が生徒を指導している映像をもとに、

具体的な指導について解説をされました。

運動経験が少ない生徒を成長させる事実に、

驚かされました。


さらに、QAでは、参加者の疑問や悩みに、

一つ一つ丁寧に答えていただきました。

お話を聞いて、また来週から頑張ろうという気持ちに

なられたのではないかと思います。


すでに来年度の受付も始まり、

また次回もたくさんの参加者の方々と学べることが

決まりました。

次回も楽しみでなりません。

1/27/2018

2018年1月27日 第11回 長谷川博之×翔和学園コラボセミナー あの子の見方が変わる!

皆様

埼玉教育技術研究所です。
こんにちは!

本日は、翔和学園の先生方とのコラボレーション「長谷川博之×翔和学園 コラボセミナー」でした。

毎回大好評をいただいており、今回は第11回。前回から翔和学園の学園長である伊藤寛晃先生にもお越しいただいています。

今回は、授業技量の向上がテーマで、翔和学園で行われている模擬授業研修や先生方の授業を体験してもらいました。

研修では、玉川大学の谷和樹教授による音読教材のお手本映像を、様々な角度から切り取り、自分の模擬授業に取り入れていくので、その場でどんどん会場全体が明るくなり、上達しているのを感じました。

また、伊藤先生の温かく、ユーモアのある対応は、毎回笑いと感嘆の声が上がりました。




「笑顔は教師のユニフォーム」

会場全体が何度も大きくうなずいていました。

対談では、翔和学園での対応や、中学校での対応について、様々な角度から実践を話してもらいました。

最後のQAまで、濃密な学びが得られたセミナー、多くの人が、「困ったあの子」の見方が変わりました。
会場では拍手が鳴りやみませんでした。
素晴らしい一日になりました。


ご参加いただいた皆様、翔和学園の先生方、誠にありがとうございました。

1/21/2018

2018年1月21日 向山型国語入門講座

皆様

埼玉教育技術研究所です。
こんにちは!

今日は、埼玉県で「向山型国語入門講座」が開催され、代表理事も講師として登壇しました。

今回は、ご当地講師として村野聡先生をお呼びしました。

村野先生は、作文を書けるようになって、しかも楽しい指導をたくさん紹介してくださいました。

代表理事は、アメリカの試験制度や、反論の仕方について講座で扱いました。

作文という難しいテーマにもかかわらず、珠玉の実践の数々に、メモの手が止まりませんでした。

昨日に引き続き、80名を超える方々に集まっていただきました。
ご参加いただいた皆様、誠野にありがとうございました。

次回は6月17日(日)東京にて開催です。

1/20/2018

2018年1月20日 TOSS中高プレミアムセミナー


みなさま、

こんにちは。

埼玉教育技術研究所です。

 
 
本日、井上好文先生と長谷川博之先生による

TOSS中高プレミアムセミナーが開催されました。

 

最初の講座から、井上先生による模擬授業3連発!

 
授業の内容はもちろんですが、

驚くべきは井上先生の発問と指示でした。
 
無駄な言葉が一切ありません。

修業を積み重ねていくとここまで洗練された

発問と指示ができるようになるのかと、

会場の先生方も気が付かれたのではないでしょうか。



さらに、井上先生と生徒が一緒に作り上げた演劇!

学級が一丸となってエネルギーをそそぎこんだ生徒の熱演!
 裏方で働く生徒が一生懸命動いている様子まで

伝わってきました。

 

そして、長谷川先生の最新実践では、

NPOのJAPANハートを立ち上げた吉岡さんの生き方に、

会場の参加者全員を感動の渦に巻き込みました。



教師として、一人の人間として、


自分の生き方を考えさせられる授業でした。

 

講師のお2人の姿に、

最後の3学期を乗り切るエネルギーをいただけました。